今を満喫♪

~ 自由に 氣楽に ~

芸術探訪の旅⑮ベルギー・ブルージュ観光

芸術探訪の旅⑮になります。

①はこちらです。

 

今回からベルギー編です😊

お待たせしました。(待ってない?)

 

オランダ・ロッテルダムから国境を越え、ベルギーの天井のない美術館と称されるブルージュ(Brugge)へやって来ました。

 

Bruggeは橋の意味で、町を流れる運河には50以上の美しい橋が架かっているそうです。

 

🍫マルクト広場

🍫【世界遺産】鐘楼

🍫【世界遺産ブルージュ旧市街

🍫【世界遺産】ベギン会修道院

これらを歩いて観光しました。

 

マルクト広場です。

建物が可愛い♪

 

馬車🐴

 

13~15世紀に建てられた鐘楼

高さ83メートル。

塔へ上ることもできます(有料)

 

 

観光中にガイドさんからオードリー・ヘプバーンがベルギー生まれであることを聞きました。

大好きな女優さんですが、初耳でした。

 

オードリーの主演作品である『尼僧物語』の撮影を、確かこの橋でされたとおっしゃっていました。

尼僧物語』は拝見したことがないので、いつか観てみたいです。

 

至る所に、チョコレート屋さんが。

さすがベルギー!

種類も多い!

 

お土産屋さん

 

馬車の通るところに馬糞あり😅

 

ベギン会修道院前の愛の湖公園

白鳥が美しい。

 

 

ベギン会修道院

ヨーロッパ中世の封建的社会にあって、女性は結婚するか修道女になるほか生きていく術はありませんでした。

そこで12世紀のベルギーで、女性の自立支援のために女性だけで組織された共同体がベギン会でした。

彼女たちは修道女としてではなく俗世と接しながら、半聖半俗の共同生活を送る新しい生き方を実践していました。

現在、ベルギー西部のフランドル地方にディースト、ルーヴェン、リール、ブルージュなど13の修道院が点在し、世界遺産に登録されています。

なかでも1245年にフランドル伯爵夫人により創設された、ブルージュのベギン会修道院は豊かな自然の中にあり、森の木立に白壁が映え最も美しいといわれます。

街から運河に架かる橋を渡り門をくぐると賑やかさから一転、静寂が支配し神聖な空気に包まれます。ベギン会修道院の一日はミサに始まり、その後レース編みなどをしたり、街に出て家事労働や家庭教師などをすることも許され、夜は再び修道院での共同生活に戻りました。

自立して生きていくために働いて収入を得ること、また退会して結婚する自由も認められ、女性が自分の意思で生き方を選択できた、当時としては唯一ともいえる存在でした。

しかし20世紀に入り、女性の社会進出とともにベギン会は衰退し、建物はベネディクト会の女性たちの祈りと生活の場となりました。

現在は数名が受け継ぐだけとなったベギンの慎ましくも自由な生活は、自立をめざす女性たちに希望の光を与えたに違いありません。

ベギン会修道院|ベルギー 世界遺産|阪急交通社

 

お土産屋さん。

ゴッホグッズが!👀

 

ベルギーと言えば、ワッフル。

ワッフル屋さんも至る所にあります。

 

レオニダス(チョコレート)

 

 

 

 

オランダからベルギーに移動すると、チョコレート屋さんやワッフル屋さんがたくさんあり、ベルギーに来たという感じがしました。

 

ベルギーでは是非ともワッフルを食べたい!

どんなワッフルと出逢えるかな~♪

楽しみです😙

 

続く!

 

🎨東京・オランダ・ベルギー芸術探訪の旅🎨

①旅の概要

<東京編>

②SOMPO美術館~ゴッホと静物画

岡本太郎記念館

④下北沢【カフェ】ラ・パレット

⑤蒲田【喫茶店】チェリー

<オランダ編>

⑥いざ!オランダへ!

⑦ゴッホ美術館

⑧アムステルダム国立美術館

ザーンセスカンス風車村

⑩クレラーミュラー美術館【前編】

⑪クレラーミュラー美術館【後編】

⑫マウリッツハイス美術館~真珠の耳飾りの少女

⑬デポ・ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン

⑭オランダでの食事とホテル

<ベルギー編>

⑮ブルージュ観光

 

<番外編>

ゴッホ『夜のカフェテラス』『アルルの跳ね橋』が日本にやって来る! 

 

芸術探訪の旅⑭オランダでの食事とホテル

芸術探訪の旅⑭になります。

①はこちらです。

 

次回よりベルギー編になるのですが、その前にオランダでの食事とホテルについてまとめておきたいと思います。

 

オランダ・アムステルダムに到着したのは夕方だったため、スキポール空港からホテルに直行しました。

 

<オランダ・1泊目2泊目のホテル>

アムステルダム

お部屋のゴッホの自画像のパネルを見て、テンションが上がったんですよね😆

こちらのホテルで2泊しました。

 

旅行会社のツアーに一人参加したので、お部屋は一人で使用しました。

広かったです😙

 

朝食はホテルのレストランで各自とりました。

(バイキング形式)

 

<オランダ・昼食1回目>

オランダ名物 クロケット

前回のオランダ旅行でクロケットを食べられなかったので、楽しみにしていました。

コロッケのようなもの。

続きを読む

富嶽十三景の景色をめぐる旅③富士山2日目【後編】

富士山2日目後編、最終回です。

 

こちらの続きになります。

 

クラブツーリズム『空気の澄んだ時期に富嶽十三景の贅沢な景色をめぐる・・・あぁ絶景かな!富士山決定版 2日間』HPより

 

⑨西湖(さいこ)

山々と青木ヶ原樹海に囲まれた神秘的な魅力をもつ湖

綺麗に観えました😆

続きを読む

富嶽十三景の景色をめぐる旅②富士山2日目【前編】

富士山2日目です。

 

1日目はこちら。

 

2日目は図の④~⑬に行きます。

クラブツーリズム『空気の澄んだ時期に富嶽十三景の贅沢な景色をめぐる・・・あぁ絶景かな!富士山決定版 2日間』HPより

 

まずは朝食から♪

お腹いっぱいになりました。

美味しかったです😊

ご飯はおかわりできるそうです。

 

富士山に向け、出発です!

 

バス移動の途中で見えた富士山♪

近い!😆

続きを読む

富嶽十三景の景色をめぐる旅①富士山1日目

この度、念願だった富士山鑑賞を満喫してきました。

 

関西在住のため、普段富士山を見る機会はなかったのですが、子どもが東京の大学に進学したため、関西と関東を往復する際に富士山を見る機会に恵まれ、あまりの美しさにすっかり虜になり、是非とも近くで鑑賞したくなって行ってきました。

 

バスツアーにて、ぐるっと富士山を周遊しました。

クラブツーリズム『空気の澄んだ時期に富嶽十三景の贅沢な景色をめぐる・・・あぁ絶景かな!富士山決定版 2日間』HPより

www.club-t.com

 

関西を出発し、途中立ち寄った浜松SA。

さすが、浜松♪

鍵盤柄🎹にテンションが上がります😆

 

建物の中にも・・・

続きを読む

芸術探訪の旅⑬オランダ「デポ・ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン」

少し間が空きましたが、芸術探訪の旅⑬になります。

①はこちらです。

 

オランダ・ロッテルダムにある「デポ・ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン」にやってきました。

2021年開館の世界でも珍しい、一般公開された美術品保管施設です。

続きを読む

近藤春菜さんの今年のテーマに共感♪

前回に引き続き、今回も芸人さんの話題です。

 

先週になりますが

1月21日放送の『おしゃれクリップ』は、ハリセンボンの近藤春菜さんでした。

こちら↑の撮影時、春菜さんはこのように言われました。

 

2024年の自分の中のテーマが「自分を大切にする

この、ありのままを撮っていただけたら嬉しい。

ありのままの自分でいることによって、人のことも受け入れられる

そんな感じが手に出ているんじゃないかな。

 

「ありのままの自分でいることによって、人のことも受け入れられる」

本当にその通りだなと思いました。

 

自分が自然体でいる時、人のことも受け入れられる。

ありのままの自分でいられるように、自分を大切にするのですね。

 

自分を大切にできないのに、人を大切になんてできません。

一瞬はできたとしても、そんなのは続きませんね。

 

春菜さんはこうも言われました。

 

偶然が重なってコンビになれましたけども、今思えば偶然じゃなく必然だったなと。

お互いに大事にしながら歩んでいきたいと思います。

 

自分のことも、相手のことも大事にしたいというお考えです。

素晴らしいですね😊

 

「自分を大切にしている人」を思い浮かべてみると、自分だけでなく周りの人も大切にされている印象です。

丁寧に生きている感じがします。

 

番組を拝見し、わたしも自分を大切にしていきたいと思いました✨